ホーム>ガラス屋「靖」>「熊野本宮ガラス」ができるまで

「熊野本宮ガラス」ができるまで

「熊野本宮ガラス」ができるまでの工程をご紹介します。

さて…スタート

吹きガラス工程01

溶解炉のなかで

ドロドロに溶けた高温のガラスを

吹き竿の先に少しだけ巻きつけていきます。



 

 

柔らかいので

吹きガラス工程03

巻きとったガラスは

鉄リンで冷ましながら

かたちを整えます。

 

吹きます

吹きガラス工程04

ガラスがまだ柔らかいうちに

息を吹き込んで

膨らましていきます。

 

もう一度

吹きガラス工程06

出来上がった小さなガラスの球に

もう一度ガラスを巻きつけて

大きくしていきます。

 

何回も

吹きガラス工程07

グローリーホール(焙り戻し窯)で

焙り戻しながら

かたちを整えていきます。

 

形どり

吹きガラス工程08

もう少し

かたちを整えて

 

要です

吹きガラス工程09

うつわの底を平にします。

 

ひと段落

吹きガラス工程11

断熱材のうえに

置いて

 

そして

吹きガラス工程12

切り離しです。

 

今度は

吹きガラス工程13

竿の先にガラスをつけて

うつわの底にくっつけます。

 

再び

吹きガラス工程14

うつわの先端を焙り戻して

 

一瞬で

吹きガラス工程15

広げていきます。

 

出来上がり

吹きガラス工程16

最後に底の部分を焼きなおして

徐冷炉に入れます。

一晩かけてゆっくりと冷ましていきます。
 

 

ページ上部へ